契約・審査するときに必要になる書類とは

ローンを申し込むする際には、融資を受けるのに適性かどうかを審査するために本人確認書として運転免許証や健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等のコピーが必須となっています。

 

 

申し込むときに必要になる書類
・運転免許証の写しや健康保険証の写し。

 

・現在の収入を証明できる源泉徴収票等の写し。

本人確認書・身分証明書

申し込む人がどのような信頼があって、どういう人物なのかを調査・審査する際に必要になるのが身分証明書のコピーです。
具体的には運転免許証・パスポートか健康保険証が必要になります。これらは公的な証明書となり本人確認として信用が高いです。どのような仕事をしているのかもある程度把握できるので、カードローン会社が審査をするには重要なものとなります。
運転免許証やパスポートは住所はもちろん掲載していることに加え、顔写真付きの公的な証明書となるので、カードローン会社からしてみたら非常に信頼のできる証明書と考えているのです。

収入証明書

ほとんどのカードローン会社では融資を受ける人の返済能力がどれくらいあるのかを判断するために、申込みをする本人の収入が載っている書類を提出することが必須条件となっています。

 

収入を証明する書類の種類は下記のようなものがあります。

 

・給与明細書
・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・確定申告書
・所得証明書

 

上記のうち一つの最新のものをコピーしてカードローン会社に送付することが必要になります。